オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ



気が合わない人の簡単な見分け方

最近、仕事の関係で、社外の人と働くことが増えた。

元々あったんだけど、さらに増えたというかね。

 

そのせいで、どうにも調子が良くない。

肩が凝ったり、背中が痛くなったりしてさぁ…。

 

スポンサーリンク

 

 

合わない人と接すると体に出る

このブログでも何度も書いているように、オレは人の好き嫌いが激しい。

合わない奴…どうでもいいことまで細かい奴とか、メールの文章とかちょっとした物言いがイラッとする奴とか…と仕事した日はもう最悪の気分になる。

 

でさぁ、言いにくいことを言わなきゃいけなかったり、怒りを抑えたりで体に余計な力が入るのか、打ち合わせ中から肩凝ったり、背中が痛くなったりするんだよ。

 

ストレスが体に出るんだよね。

非常にわかりやすく。

 

楽しいと思っていても実は違う

でも別に一緒に働く人全員が合わないわけでもない。

合う人もいれば、経験や知識が豊富で話してて勉強になる人もいる。

 

…と思っていたのだが、日によって体に不調が出る。

 

なんでかなぁ?と考えていたのだが、つまりこういうことじゃないかと。

 

頭では「この人とは合わないこともない」と思っていても、本当はそうじゃない。

実は合わない何かがあって、無意識でストレスを感じていたんじゃないかと。

 

考えてみれば、似たような経験は他にもある。

 

昔から仲が良くて会ってるときも「楽しい」と思っていたものの、帰ってからどっと疲れて肩が凝ってたりする。

よく考えれば、年とともに価値観が合わなくなって、話も合わなかったなぁ…って思い当たったりね。

 

合う合わないを脳より体のほうがわかっている。

そんな気がする。

 

ということで、オレにとっての気が合わない人の簡単な見分け方とは、一緒にいるとき、あるいは別れた後に、体の調子が悪くなるかどうか?である。