オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ



健康を維持するための一日5~10分の運動を、具体的に考えて実践している

運動は大事だ。

肩こり、腰痛等の体の不調の解消、肥満による病気の予防、さらには「脳を鍛えるには運動しかない!」によればストレスが減少する、うつ病が治るなど精神的にも良い影響があるとされている。

 

脳を鍛えるには運動しかない!  最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方

  • 作者: ジョン J.レイティ,エリックヘイガーマン,John J. Ratey,Eric Hagerman,野中香方子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2009/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 31人 クリック: 757回
  • この商品を含むブログ (74件) を見る
 

 

でも運動する時間がない!

毎日そんなに運動するのは面倒くさい!

 

そう思う人もいるだろう。

かく言うオレも、子どもが生まれてから、がっつり運動する時間は取れていない。

 

なので最低限の健康維持の運動を考え実践している。

 

スポンサーリンク

 

 

ラジオ体操とヨガ

具体的に何をしているか?

 

ラジオ体操とヨガである。

 

まずラジオ体操を行い、続いて「体が硬い人のためのヨガ」という本に沿って、ポーズを1~2個やる。

ラジオ体操が3分、ヨガはポーズ一つにつき2~3分なので、大体5~10分となる。

 

体が硬い人のためのヨガ Basic Lesson

体が硬い人のためのヨガ Basic Lesson

 

 

ラジオ体操はYouTubeに動画があるので、それを流して音声だけ聞きながらやる。

 


ラジオ体操第1・第2

(今初めて動画を見たが、なんかシュールだなぁ…)

 

ヨガは慣れてくると「今日はこのポーズが効きそうだな…」とわかるので、それをやる。

特になければ、「体が硬い人のためのヨガ」に書かれている通りの順番でやっていく。

 

これでなんとか健康維持はできている。

体の不調も特になく、ストレスも少なくなっているように思う。

 

あくまでオレがやってみた感覚だけどね。

 

この二つに至る経緯

ではなぜラジオ体操とヨガなのか?

理由は簡単で、オレがやった運動の中で最も効果があったから。

 

運動は色々やったが、みんな考えるであろう、走ったり、ジムに通ったりは難しい。

もっとやったほうがいいのか、やりすぎなのか、どのマシンを使えばいいのか、素人にはわからない。

パーソナルトレーナーでも雇えばいいのかもしれないが、お金が結構かかる。

自分でテキトーにやっていたら、足が肉離れを起こしそうになりやめた。

 

スポーツは楽しいが、そもそも健康維持が目的ではない。

使う筋肉が偏るので体の不調が取れず、逆に痛い箇所が増えてしまうことがある。

また普段やっていないスポーツをいきなりやると、ケガをしたりもする。

 

比べると、ラジオ体操にせよ、ヨガにせよ、健康維持が目的で作られているし、長い歴史の淘汰にも耐えてきたものだ。

実際オレの感覚では、健康維持には最も効果がある。

 

また、ラジオ体操は動きっぱなしだが、ヨガはゆっくりゆっくり体を動かす。

同じ運動とはいえ明らかに違うので、バランス的に良いように思う。

 

繰り返しになるが、あくまでオレには効果があるという話だ。

みなさんがどうかはわからないが、興味がある人はお試しあれ。

時間的にもほとんどかからないしね。

 

 

ちなみに冒頭に紹介した「脳を鍛えるには運動しかない!」は、アマゾンのレビューに多数書かれている通り、非常に良い本。

運動する気になる。

 

このブログではもう何度となく書いているが、やはりオススメだ。

 

脳を鍛えるには運動しかない!  最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方

  • 作者: ジョン J.レイティ,エリックヘイガーマン,John J. Ratey,Eric Hagerman,野中香方子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2009/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 31人 クリック: 757回
  • この商品を含むブログ (74件) を見る