オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ



未だに中国は遅れていて「安かろう悪かろう」だと思ってる人ってなんなの?

先日、中国製のある製品を買おうという話が社内で持ち上がった。

 

だが、反対の声多数。

 

曰く、

 

「中国製なんて信用できない!」

「安いけど、すぐ壊れるだろう!」

 

…この人たちは、一体何年前の話をしているのだろうか?

 

スポンサーリンク

 

 

中国のほうが進んでいる(こともある)

中国もバカではない。

価格競争だけしていたら、いずれ中国より人件費が安い国に抜かれるのは必然。

 

なので質はもちろん、技術も発達しているのである。

特に技術に関してはリープフロッグ現象と言われるもので、ハイブリッド自動車がない分、一足飛びに電気自動車が発達してすでに世界一のメーカーもあったりする。

 

もちろん、すべてではない。

 

だが今回買うものに関しては、まさにそう。

明らかに日本より進んでいるものだ。

 

だがしかし…

 

話を聞く気すらないのはなぜ?

「すでに世界中で使われているもので、おそらく品質には問題ない。

 試用できるようだから、行って来たらいいじゃないか?」

 

と担当者が話しても、聞く気なし。

 

試すのもムダだと。

ダメだこりゃ。

 

知らないのはまだしも、試しもしないで結論ありきで話せる人がどうにも理解不能である。

やってみなきゃわかんないじゃないか?

 

…ま、この件に限らず、何でもそうだよねぇ。

やる前からやってもムダだと。

 

人の勝手だが、つまらん生き方だ。

 

とりあえず、こんな夢も希望も知性もない会社は早く会社辞めたい。

 

 

さて、今日も宣伝!

 

norokecho.pink

 

一人でも多くの人が読むべきであり、幸な人は投稿すべきという信念のもと、一か月はあの手この手ですすめまくる!

こうご期待!!!笑