オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ



才能がある人が好き。そして才能は色んな人が持っている

才能がある人が好きだ。

 

昨日書いた湯浅監督などまさにそう。

お会いしたことも、どんな人かも知らないけど、好きである。

 

また才能はホント幅が広いので、有名人から普通の人、はてはホームレスまで色々な人にそれぞれの才能がある。

…と思っている。

 

スポンサーリンク

 

 

小説家の方は、有名無名問わず全員尊敬している。

 

今でこそブログを書いているが、オレは元々小説が書きたかったのだ。

実は賞にも応募している。

 

しかし才能が全くない。

自分で自覚できるぐらい、ない。

 

小学生が書いた作文みたいになるんだ、なぜか。

なので、ただ小説らしい小説が書けるだけですごい。

 

ミュージシャンもすごい。

 

バンドをやってたとき曲も書いていたのだが、どうしてもだれが聞いてもいいと思えるようなメロディーが思いつかない。

また歌詞も、自分で自覚できるほどダサい。

 

仕方ないので、メロディーは極力減らしてラップだかシャウト、歌詞はすべて英語にするという荒業でごまかしていた。

当時はそういうジャンルも流行っていたのだが、まぁ良いように利用してただけだ。

 

だから、ただ普通にいい曲が書ける人は尊敬する。

オレにはできないから。

 

尊敬に値するのは、小説とか音楽のようなクリエイティブな分野だけではない。

 

頭がいい人も素晴らしい。

 

自分で言うのもなんだが、オレは頭がいいと思っている。

1を聞けば10はわかる。

 

だが世の中は広い。

1を聞けば100わかる人もいる。

 

「彼が言っていたのはこういうことだったのか!」と何年か経ってようやく気付くレベルの人もいる。

友達の友達とか、仕事で関係してる人の中に、そういう人は結構いる。

 

世間的に普通の人…いや普通未満の人にも才能はある。

 

折に触れて書いてるが、大学時代にホストのバイトをしていたとき、辞める間際に先輩がこう言った。

 

「(ホストやって)勉強になっただろ?

 オレらみたいなバカでも生きていけるって。

 お前は頭いいんだから大丈夫だ。」

 

あまりにも素直な言葉で、こうして書くだけで思い出して感動する。

素直さも一つの才能だ。

 

一時期ホームレスからマンガを買ってたのだが、毎週行ってて覚えられたのか、

 

「兄ちゃん、いつもありがとう!

 何でもタダで持ってけ!」

 

世間の逆風にずっとさらされて生きてきただろうに、その優しさ。

素晴らしい、あまりに素晴らしいじゃないか。

 

 

才能がある人が好きだ。

そして、多くの人に才能はある。

 

…あ、昔から言われる人の良いところを見ろって、こういうことか。