オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ



才能もあり努力家でもあるオレを、世間は一体いつ認めるのか?

先日、副業分の確定申告してきた。

 

その準備で、去年の2月に出版した電子書籍「オレ様婚活術」の売上を確認したところ、初月にバーッと売れて、その後は月に10~20冊の売れ行き。

 

多いと見るか、少ないと見るか…

 

スポンサーリンク

 

 

売上が少なすぎる!

いやいや、少ないだろ!

少なすぎるだろ!

 

月10~20冊って売上に換算すると大体月1万円。

なんだその小銭は!!!

 

オレ自身の膨大かつ苦痛に満ちた経験と、わずかに有用な恋愛・婚活情報をつなぎあわせ、ブログに書いて他の人にも十分通用することを確認した上で、満を持して世に出して本がたったそれだけの売上とは…

 

巷の恋愛・婚活本は散々読んだ。

 

だからこそ、正直絶対にオレの本のほうが役に立つと思っている。

結婚したいならオレの本しかないと思うし、これだけ読んどきゃいいというぐらい書ききったつもりである。

 

なのに、この結果。

 

本屋行って「声でモテる」みたいな、もう見るからにしょうもない本が平積みされていたときには、笑いたくなったわ。

世間が求めるのはただのギャグで、真面目に書いたから売れなかったような気さえしてくる。

 

悲しさと怒りと空しさと呆れが入り混じった、なんとも不快な気持ちである。

 

オレはいつ認められるのか?

婚活本に限らず、副業に関してオレは相当な努力をしているつもりである。

自分で言うのもなんだが、特定の分野での才能もそれなりにはあると思っている。

 

だがそれがほとんど売上に結びつかない。

やればやっただけ、がんばればがんばっただけ、空しくなる。

 

一体いつ世間はオレを認めるのか?

いつになったら報われるのか?

 

あぁ、イヤになる。

ホント、イヤになる。

 

それでもやるしかないのだろう。

 

売れろ、クソっ!

 

オレ様婚活術: まだ簡単に結婚できると思ってんの?

オレ様婚活術: まだ簡単に結婚できると思ってんの?