オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ



恋愛は「もう二度としたくない」と思えるぐらいまでやっといたほうがいい

結婚した後になって、モテている。

たぶん。

 

詳細は省くが、ブログがそれなりに読まれるようになって以来たまに、

 

「これは…ラブレターではないか?」

 

というような連絡を、読者の方からもらうのである。

 

正直うれしくないこともない。

 

スポンサーリンク

 

 

もう一生したくない

だが、何もない。

というか、何もしないから何も起こらない。

 

既婚者だからという倫理感もあるが、何より恋愛にはもう懲りている。

できれば一生したくない。

 

楽しかったことより、圧倒的にイヤな思い出のほうが多い。

 

遠回しにフラれたとか、単刀直入にフラれたとか、訳も分からないうちに音信不通にされたとか、会っただけで溜息でも出そうな顔をされてまともに話してももらえないとか。

 

一瞬で終わったのはもちろん、好かれてはいたけど「…なんか…すみません」みたいな形で罪悪感を抱えながらフェイドアウトしたことも、泥沼のケンカの果てに殺意を覚えるほどの凄惨な別れも…

 

あぁ、もう全部イヤだ!!!

恋愛なんてムリ、二度としたくない!!!

 

ということで、よほどの何かが起こらない限り、オレの人生から恋愛なるもの、あるいはその可能性を感じさせるものは起こりえないのである。

 

イヤな目にあって良かった

だが世の中には、結婚した後の恋愛、つまり不倫をする人もいる。

結構いる。たぶん。

 

夫婦関係の破綻などによるものもあろうが、読者の方から寄せられるメールから察すると「あまり恋愛せずに結婚してしまった」というのも大きな理由の一つのようだ。

 

「もっと恋愛しておきたかった…」

「他の人と比べることもなく結婚してしまったが、本当にこの人でよかったのだろうか?」

 

という後悔が徐々に膨らみ爆発し、家庭を崩壊させる恐れさえある不倫に突っ走ってしまう。

怖い、怖い。

 

と考えると、恋愛なんてイヤなもんもしといて良かったと思っている。

 

二度と恋愛する気にならないという意味でもそうだし、たとえモテても「オレ、モテてんじゃん!やべー!」っていいとこだけ拾って喜んでられるのでなかなか楽しい。

 

まだ結婚してない人。

恋愛なんてするのは大変だろうが、あとあと妙な形で役立ったりするので、散々大変な目にあっといてくれ。

 

あまり恋愛せずに結婚しちゃった人は…

 

どうしようねぇ?

質問でもきたら考えるわ。