オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ



優しく話そう

子どもができて、子どもが行けるところに良く行くようになった。

ショッピングモールとかね。

 

自分たちと同じような子連れの夫婦が多いのだが、気になることがある。

前にも書いたことだけど、やっぱり気になる。

 

聞こえてくる夫婦の会話が、キツイ。

 

スポンサーリンク

 

 

イヤじゃない?

妻が旦那に対して、

 

「なんであなたはいつも〇〇してくれないの?」

「もっとちゃんとしてよ!」

 

と言う。

旦那はこう返す。

 

「はいはい、わかりました。」

「うるさいなー!」

 

よくある夫婦の会話なの、こういうの?

すっげー多いんだけど。

 

ケンカしてるようにしか思えないんだけど。

聞いてるだけでイヤな気分になるんだけど。

 

バカなの?

自分たちの両親がそうだったのか、夫婦の間ぐらい言いたいことが言いたいの結果がこれなのか。

理由はわからない。

 

しかし普段からこんな会話してて、一緒に生活していけるのだろうか?

 

言いたい放題不平不満をぶちまける。

うるさいなー、と反抗期の子どものように返す。

 

二人とも子どもなの?

つーか、バカなの?

 

あ、ヤベー、つい本音が。

 

オレには長期的には関係が破綻するようにしか思えない。

仮に続いたとしても、ストレスまみれでイヤな人生になりそうだ…。

 

優しく話す

ちょっと言い方を変えればいいだけだよ。

「なんであなたはいつも〇〇してくれないの?」じゃなくて「〇〇してくれると助かるなぁ」とかね。

 

言うほうも言われるほうも気がラク。

言い方ひとつでぜんぜん違うもん。

「じゃぁそうしようかな」って、すんなりやってくれたりするしね。

 

ただ、厳しく言わないと何にもしない奴もいるねぇ。。

 

諦めずに言い続けるか、今まで通りにするか。

少しでも「このままじゃマズイ」と思ったらやったほうがいいと思うけどね、オレは。

 

よほどのことがない限り、厳しい言い方などすべきではない。

 

ということで、こういう話でいつも勧める「人を動かす」をまたも紹介しておこう。

人間関係を円滑にするためのコミュニケーション術は、ほぼ全てこの本に書かれている。

 

人を動かす 新装版

人を動かす 新装版