オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



人を喜ばせることに自らの喜びはない

ブログ書いてると、感謝されることは多い。

「勇気が出ました!」とか「スッキリしました!」とか「役に立ちました!」とかね。

 

でも正直、あんまりうれしくない。

 

スポンサーリンク

 

 

自分のため

Netflixで「あいのり」見てたら、ミャンマーでボランティアで働く日本人医師の方がメンバーに話すシーンがあって、こんなことを言ってたんだよ。

 

「患者に感謝されるのがうれしくてやってる、って思うでしょ?

 違うんだよ。

 自分のためにやってるんだよ。」

 

あぁなるほどな、って思った。

 

感謝って、言い方良くないかもしんないけど、慣れちゃうんだよ。

何度もされると、何も思わなくなるんだよ。

 

じゃぁなんでブログ書くかって、「今日のテーマは鋭い!」「たとえがわかりやすい!」「文章の流れがいい!」みたいに思えて、自分が面白いから。

上手く書けない日もあるんだけど、だからこそもっとがんばろうって思えたり、上手く書けた日の喜びが増す。

 

全部自分のためなんだよ。

 

狙うとおかしくなる

三年ぐらい前、ブログのアクセス数が急増していくときは、感謝されるのがうれしかった。

普通に生きてて人に喜ばれることなんて、そんなになかったしね。

 

だから「こういう記事がウケるんじゃないか?」とか「もっとアクセス数を増やすにはどうすればいいか?」って、真剣に調べてやってみた。

 

多少は上手くいったんだけど、思い通りにはならなかったね。

「オレが褒めてほしいのはそこじゃない!」とか「こんなにがんばってるのに他のブログよりアクセス数が少ない!」とか、あげくの果てには批判してくるような人も増えちゃったりしてね。

 

人のためと思っても、人の反応はコントロールできない。

やればやるほど、ストレスがたまるばかり。

 

自分以外の人に働きかければ、だれかしらには感謝されて、別のだれかには批判されて当たり前。

人の反応なんて気にせず、自分がやりたいことかどうかだけ考えないと。

 

とにかく人を喜ばせることに、自分の喜びはないと思ったほうがいい。

 

スポンサーリンク