オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



ヨガが人生を変えつつある…~ヨガ歴半年の思い~

ヨガを毎日やるようになって半年が経ったが、今や「ヨガで人生が変わりつつあるのではないか?」と思い始めている。

大げさに言っているのではなく、本当に。

 

具体例をあげていこう。

 

スポンサーリンク

 

 

我慢強くなる

ヨガのポーズにはまだ辛いものも多い。

 

普段使わない筋肉が必要だったり、体の柔軟性が足りなかったりして、「いってー…」と思いながら。

それでも、深呼吸しながらゆったりと行う。

 

毎日やっていると、日常生活にも影響が表れる。

着実に我慢強くなっていくのだ。

 

日々辛いポーズを取っているせいか、面倒なことがあまり苦にならなくなっている。

しかも、そういうことがどんどん増えていく。

 

集中力が増す

ヨガは焦ってはできない。

深呼吸しながら集中して行わないと、良いポーズが取れない。

 

このこともまた、日常生活に影響を与えている。

 

集中したほうがいいと自然と思ってしまうのか、何事にも集中するようになった。

 

仕事はもちろん、集中して行うことでいい結果がでるようになった。

また人の話を聞くとき、食べるとき、映画を見るとき、本を読むときなども、集中することで、より楽しめるようになった。

 

成長を楽しむ

ヨガのポーズは、やればだれでも上達する。

例えば前屈は、毎日やれば確実に体が柔らかくなるので、少しずつできるようになる。

 

成長を感じられるのはうれしい。

できなかったポーズができたとき、辛いポーズがあまり辛くなくなったとき、じわじわとこみ上げるような喜びがある。

 

これもまた、普段の生活においても同じである。

仕事はもちろん、趣味のことも、成長の喜びはあることに気づくことが増えている。

 

…いや、喜びは成長の中だけにあるのではない。

 

生きることを学んでいる

我慢することにも、集中することにも、喜びがある。

 

我慢するからこそ、つかの間の休みが気持ち良いものになる。

集中するからこと、物事が楽しめる。

二つが合わさって成長できることで、また楽しめる。

 

我慢、集中、成長は人生に必要だけれど、何となく面倒に感じてしまうのはオレだけではないだろう。

だがヨガを通して、それらは必要なだけでなく、楽しいことだと学んでいる。

 

生きることを学んでいると言っても過言ではない。

 

オレにとってのヨガは、もはや単なる趣味を超えている。

月並みな言い方だが、本当にすごいものだと痛感している。

 

スポンサーリンク