オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



物を捨てられないあなたに伝えたい。捨てていいものの簡単な見分け方

模様替えのため、家の中を片付けている。

 

片付けでまず一番初めにやるべきなのは、物を捨てること。

そもそも物が少なければ、片付ける必要が減るからだ。

 

そしてオレは、物を捨てるのが非常に得意である。

 

スポンサーリンク

 

 

よくあるやり方は難しい

どんな本でも読むのがオレなので、片付け本も10冊ぐらいは読んでいる。

 

物の捨て方としてよく書いてあるのは、こんなことだ。

 

・使うもの、使わないものをわける

 →たまに使うものはどうすればいいのだ…

 

・ときめくか、ときめかないか

 →ときめく感覚がわからん…

 

ミニマリスト

 →やりすぎだよ…

 

何を読んでもしっくりこないので、自分なりに考えていたら、あることを思い出した。

 

「〇〇〇で使った?」

昔のパソコンは性能が悪かった。

使わないアプリとか、ファイルとか、すぐ削除しないとあっという間に動作が重くなった。

 

ある日どうしようもなくなって、知り合いにパソコンを軽くしてくれるよう頼んだ。

彼はすごい勢いで使わないものをアンインストールしたり、削除したりしていった。

 

f:id:oresama140630:20170908052811j:plain

 

基準はたった一つ。

 

「これ、この1年間で使った?」

 

使ってたら残す、使ってなかったら消す。

 

シンプルだが、これが確かに理にかなっている。

 

1年使わなければ、その後も使うことはまずない。

あったとしても、そのぐらいの頻度しか使わないものなら、そのとき調べるぐらいでもなんとかなる。

 

もう迷わない!

物を捨てるときは、常にこの考え方でやってきた。

 

1年間使っていなかったものは、有無を言わさず捨てる。

愛着があろうがなかろうが、捨てる。

どうせ、今後も使うことはないからだ。

 

説明書など、万が一のときに使いそうなものでも捨てる。

今はネットで調べれば何とかなるからだ。

 

残すのは、賃貸の契約書などのさすがに捨てるわけにはいかなそうなものと、思い出の写真ぐらいだ。

 

これで、家の中は非常にスッキリする。

 

なかなか物が捨てられない方、お試しあれ。

 

スポンサーリンク