オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



クソヤローには役立つ、クソみたいなプライドについて

ナンパ師がかつて言った。

 

「会社で上司に怒られたりするとき思うんだよ。

 『お前はナンパできないだろ?』って。」

 

バカなこと言ってんなぁ…と思っていたのだが。

 

スポンサーリンク

 

 

世の中には、ホントどうしようもないぐらいイヤな奴がいる。

 

自分の失敗を平気で人になすりつける。

もはや暴力的な態度で、自分の都合を押し通そうとする

理由にもならない理由で、テメーのストレス発散のために人を攻撃する。

 

ムカつく。

ぶっ殺したくなるぐらい、ムカつく。

 

人の命は大事だの平等だの、んなキレイごとは信じてねー。

死んだ方がいい奴は、確実に世の中にいると思っている。

 

死ねばいい。

ホント死ねばいい。

 

というか、殺したい。

 

バカが死んで直るかどうかは知らないが、とりあえずオレの目の前からは消えてほしい。

 

 

理屈ではムダだとわかっている。

イヤな奴はどうしたって存在してしまうし、言ってることもバカバカしいのだから。

 

だが理不尽さに対する怒りは、理屈では制御できない。

 

そんなときふと思う。

いや、思ってしまう。

 

「高卒の分際で一流大学出のオレ様にモノ申してんじゃねーよ、低能が!」

「テメーの力では一円も稼げねー社畜のくせに、自力で稼いでるオレ様に偉そうな口きいてんじゃねーぞ!」

 

別に普段本気でそんなことを思っているわけではない。

 

だが、理不尽さに理不尽さで返すことで、自分を支えることは少なからずある。

 

くだらない。

それは自分でよくわかっている。

 

でもバカにはできない。

くだらないとわかりつつも、クソヤローに会ってしまったときにはそれなりに役に立つ。

 

 

何でもいい。

 

人からバカにされるようなことでもいい。

過去の栄光でもいい。

結果が出なくても、ただそれをがんばってしてるというだけでもいい。

 

それがたまには役立つ、プライドというものになるらしい。

 

 

★★★

 

【オレを応援したい方へ】

下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%がオレのポイントになるので、何か買うついでにぜひ!よろしく!

→ Amazonで買い物する

 

スポンサーリンク