オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



悪口が言えるか言えないか?それがオレには重要

前にこんなコラムを書いたのだが…

 

cocoloni.jp

 

恋愛に限らず、悪口を言うのは大事だと思っている。

正確には悪口を言えるかどうか、が。

 

少なくとも、オレはね。

 

スポンサーリンク

 

 

悪口三昧

冷静に考えて気づいた。

 

オレは他人の悪口ばかり言っている。

 

友だちとは、共通の知人や、道すがらで出会った人のウワサ話をしては、笑っている。

会社では、バカな上司や空気が読めない同僚のことを影でバカにする。

コラムの参考に恋バナを聞き出すときの、「ちょっとその彼ヤバイねぇ!」などと知らない人のことにまで文句を言う。

 

ひどい。

実にひどい。

 

オレの会話の9割は、人の悪口か、ふざけた言動である。

 

ちなみに、仲良くなればなるほど、ふざけた言動の割合が増える。

これは意外な発見!

 

にじみ出る何か

ただ、悪口って言える言えないがある。

 

「この人にこんなこと言ったら怒るだろうなぁ…」

「なんか合わないなぁ…」

 

と感じる人とは、当たり障りない話しかしない。

 

雰囲気からして「人種が違う」と思ってしまったり、相手の言動からにじみ出る違和感…いうなれば「気」のようなものから、悪口を言う言わないを判断している。

 

まぁ、直感だよね。

「なんかこの人いい!」って人には、軽く悪口のジャブを入れて、「わかる、それ」ってウケれば続ける。

 

逆に、ある人の悪口に対して、

 

「まだ猫かぶってんじゃないですか?」

「まぁ、そういう人もいますよね。」

 

とかって返されると、「なんか合わねー…」って気がするわけよ。

 

猫かぶってるとかって表現が、真面目っぽすぎるっつーか。

そういう人もいるって、壁作られた感じがするっつーか。

 

わかる、この感じ?

 

 

ともあれ、オレにとっては悪口を言える言えないってのが、人間関係を築く上でとても大事だということで。

 

 

★★★

 

婚活必勝のバイブル「オレ様婚活術:まだ簡単に結婚できると思ってんの?」Kindleにて発売中!!! → 説明はこちら

オレ様婚活術: まだ簡単に結婚できると思ってんの?

オレ様婚活術: まだ簡単に結婚できると思ってんの?

 

 

月20冊は本を読むオレ様のオススメ本

 

LINEスタンプ「オレ様パンダ」が販売開始だぞ!超かわいい!超使いやすい!しかも超安い!もはや買わない理由がない!

 

noteにて販売中:バカバカしい目標を立てて朝晩唱えると、目標が達成されると言い張る、あやしすぎる記事

 

オレ様ってだれよ?

 

★★★

 

【オレを応援したい方へ】

 

下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%がオレのポイントになるので、何か買うついでにぜひ!

 

Amazonで買い物する

 

儲かった分の一部は、ブログを書くときに参考にする本代や、地方オレ会の旅行費にもする予定。  

よろしく!!!

 

スポンサーリンク