オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



ある人は楽観的になり、またある人が悲観的になるのはなぜなのか?

人の性格が楽観的になったり、悲観的になるのはなぜか?

 

昨日に続いて、下記の本を元に書いていこう。

 

オプティミストはなぜ成功するか

オプティミストはなぜ成功するか

 

 

スポンサーリンク

 

 

理由は色々あるようだが、自分や友だちのことを考えると、母親の影響が一番大きいように思う。

 

人格が形成される過程で、過ごす時間が最も多い可能性が高いという意味でもそうだし、感覚的にもそうだ。

 

ではまず、楽観的なオレの母親はどんな人だったか?

 

見事なほどに楽観的

思えば、ウチの母親は極端な性格である。

 

自分の非はほとんど認めない。

すべて人か環境のせいにする。

 

基本的には専業主婦だったのだが、たまにパートもやっていた。

 

思い返すと、文句ばかり言っていた。

 

「社長がバカだ。」

「同じパートの人の性格が悪い。」

「なんで私があんなことまでしなきゃいけないんだ。」

 

という具合に。

 

間違っても、

 

「周りに合わせられない自分が悪い。」

「仕事ができない。」

 

などとは言わない。

 

逆に、

 

「私は高校で一番成績がよかったから、仕事はできる。」

 

という具合に、自慢はしょっちゅうしていた。

 

オレもそういう母親に、人の悪口と、自分の自慢と、「私に似て頭がいい」と言われながら育ったのである。

 

なるほど、オレはなるべくしてこういう性格になったのだ。

 

きっと自分を責める

対して、悲観的な性格の人の母親はどうか?

 

いかんせん、ウチの母親が悲観的とはかけ離れすぎていて、本を読んだ上での想像に過ぎないのだが、例えばパートでイヤな思いをしたときはきっとこんな感じではなかろうか。

 

「周りと上手く合わせられない。」

「仕事もできない。」

「私はダメだ。」

 

たまたま上手くいっても、

「運が良かった。」

 

当然、この性格は子どもにも伝染する。

 

「そんなことしちゃダメ。」

自分が自分にダメ出しするから、子どもにもダメ出ししまくる。

 

「上手くいったのは運が良かっただけ。もっとがんばらないと。」

良いことがあっても限定的に解釈されてしまう。

 

そうして悲観的な子どもの出来上がり、と。

 

 

…ということだが、楽観的と悲観的の話はまだ続く。

 

明日は、「悲観的だといけないのか?」について考えてみよう。

 

★★★

 

婚活必勝のバイブル「オレ様婚活術:まだ簡単に結婚できると思ってんの?」Kindleにて発売中!!! → 説明はこちら

オレ様婚活術: まだ簡単に結婚できると思ってんの?

オレ様婚活術: まだ簡単に結婚できると思ってんの?

 

 

月20冊は本を読むオレ様のオススメ本

 

LINEスタンプ「オレ様パンダ」が販売開始だぞ!超かわいい!超使いやすい!しかも超安い!もはや買わない理由がない!

 

noteにて販売中:バカバカしい目標を立てて朝晩唱えると、目標が達成されると言い張る、あやしすぎる記事

 

オレ様ってだれよ?

 

★★★

 

【オレを応援したい方へ】

 

下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%がオレのポイントになるので、何か買うついでにぜひ!

 

Amazonで買い物する

 

儲かった分の一部は、ブログを書くときに参考にする本代や、地方オレ会の旅行費にもする予定。  

よろしく!!!