オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



結局、不幸なだけの人生を美化するな!

明るく生きる それがすべてだから

 

学生時代にコピーしていた曲の歌詞を、最近よく思い出す。

 

明るく生きることがすべてで、どこに問題があるのだろう?

 

スポンサーリンク

 

 

エディット・ピアフというフランスの歌手がいた。

少し前に、代表曲である「愛の讃歌」をNHKの朝ドラで美輪明宏さんがカバーしていた。

 


愛の讃歌 エディット・ピアフ

 

ドキュメンタリー番組か何かで見たのが、この方、かなり大変な人生を歩まれたらしい。

母親からの愛情を受けられず、売春宿で育てられ、男に尽くしては別れられ、ドラッグ中毒になり…。

 

不幸な人生を歩んだからこそ、多くの人の心を打つ曲を歌うことができた。

そんな雰囲気がそこかしかに漂う番組だった。

 

はっきり言う。

クソムカついた。

 

「いくら良い曲を歌おうが、地位や名声を得ようが、こんな不幸な人生を美化するな!」

 

育った環境がダメだった人は、みんな不幸になるのか?

ドラッグ中毒になるのか?

がんばって人生を変えた人だって、いっぱいいるんじゃないのか?

 

男に尽くしたのに、フラれた?

相手はだいぶ年下の男だったりするが、単に高望みだったからダメだっただけじゃないのか?

尽くさないと相手にされなかっただけじゃないのか?

 

ムチャクチャ言うが、ただのバカが勝手に不幸になったとしかオレには思えない。

いくら曲が良いからって、こんな人生を肯定するのはいかがなものか、と思ったのである。

 

…という風な内容を、当時流行っていたmixiに書いたら、批判が殺到した。

 

「そうならざるを得ない理由があったんだ!」

「そんなことを言う資格はない!」

 

とかなんとか。

 

もう忘れたな。

そんなもん、知ったこっちゃねーから。

テメーも一緒に不幸になってりゃいいよ。

 

こういうたぐいの話は、折に触れて出てくる。

だがどんなに有名だろうが、美談に仕立て上げようが、「結局、不幸なだけの人生」をオレは絶対に肯定しない。

 

明るく生きる、それがすべてだ。

 

何が悪い?

 

 

★★★

 

月20冊は本を読むオレ様のオススメ本

 

LINEスタンプ「オレ様パンダ」が販売開始だぞ!超かわいい!超使いやすい!しかも超安い!もはや買わない理由がない!

 

noteにて販売中:バカバカしい目標を立てて朝晩唱えると、目標が達成されると言い張る、あやしすぎる記事

 

オレ様ってだれよ?

 

★★★

 

【オレを応援したい方へ】

 

下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%がオレのポイントになるので、何か買うついでにぜひ!

 

Amazonで買い物する

 

儲かった分の一部は、ブログを書くときに参考にする本代や、地方オレ会の旅行費にもする予定。  

よろしく!!!