オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



くさいセリフをバカにするなよ?人との距離がグッと縮まるぞ!

さかのぼること、十数年前の大学時代。

 

日本が誇る歓楽街、歌舞伎町でホストのバイトを3ヶ月ほどしていた。

 

そう、たった3ヶ月。

なのに、忘れられない名言が数知れず…。

 

スポンサーリンク

 

 

熱い言葉の数々

夜の世界の人間関係は、熱い。

 

さまざまな事情を抱え、世間から白い目で見られがちな人たちが、身を寄せ合って生きている。

自然と仲間意識が芽生えるのだろう。

 

それゆえ、普通だと照れてしまって言いにくい、熱い言葉も飛び出す。

 

ホスト同士のケンカのあと、代表が言った。

「お前ら、女は裏切ってもいいけど、仲間は裏切るなよ!」

 

面倒をよく見てくれた先輩が、客や後輩に何度も言った。

「こいつ(←オレのこと)はいい奴なんだよ。」

 

その先輩が、一緒にキャッチしながら言った。

「こうやって毎日がんばってれば、必ず客はつくから。

 つかなきゃ、オレが何とかしてやるから。」

 

辞める日、普段は話さない先輩が言った。

「オレらも客も、みんなすっげーバカだろう?

 それでも、結構楽しく生きてんだよ。

 お前は頭いいから大丈夫だ。がんばれ。」

 

思い出しただけで、不覚にも目に汗が…

 

くさいセリフで、つながる

こういう熱い言葉って、ともするとバカにされがちだ。

「くさい」とか言われてね。

 

分からなくはない。

言うタイミングもあるし、「お前に言われてもなぁ…」ってこともある。

 

でもオレは、くさいセリフって必要だと思うわけよ。

 

感覚的な話なんだけど、雑談みたいな会話だけなら、だれとしても変わらない。

取り替え可能な関係でしかない。

 

そこにくさいセリフが入ると、「友情」とか「仲間」みたいな感じが、グッと出る。

何があっても離れない、つながりが生まれる。

 

そう言えば、ある程度仲良い人とは、どっかしらでくさい話をしてるわ…。

「オレら、ずっと友達」みたいなのを。

 

恥ずかしがってないで、たまにはくさいことを言ってみようぜ?

 

 

ちなみに、ホスト時代の知り合いとは、その後会っていない。

今、どうしているのだろうか…。

 

★★★

 

月15冊は本を読むオレ様のオススメ本

 

noteにて販売中:バカバカしい目標を立てて朝晩唱えると、目標が達成されると言い張る、あやしすぎる記事

 

オレ様ってだれよ?

 

★★★

 

【オレを応援したい方へ】

 

下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%がオレのポイントになるので、何か買うついでにぜひ!

 

Amazonで買い物する

 

儲かった分の一部は、ブログを書くときに参考にする本代や、地方オレ会の旅行費にもする予定。  

よろしく!!!

 

スポンサーリンク