オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



「井戸端会議」は最高の雑談術である!言いたい放題で、共感までされてしまう!

日本は広い。

 

なのに、世のおばちゃんほぼ全員が、いつの間にか身につける会話術。

地元や都内ではもちろん聞いたし、きっとどこかの地方でも行われているであろう。

 

それが「井戸端会議」だ。

 

あれ、雑談の一つの極みだと思っている。

おばちゃんが、長い人生で色々な人と話してきて、一番気持ちいいと感じるから、全国津々浦々で行われるのではないかと。

 

スポンサーリンク

 

 

 

先日も、こんな井戸端会議が行われていた。

 

「日曜に孫が来るのよ。」

 

「あら、そう。

 今、いくつになったの?」

 

「3歳になったばかりだよ。」

 

「あぁそう、かわいい年頃だねぇ。

 そう言えば、最近、腰が痛くて。」

 

「この年になると、ホント痛むわねぇ。」

 

「病院行ってるんだけど…」

 

とまぁダラダラ続いていたわけだが、この会話にはパターンがある。

 

話題は、自分が興味あること

孫の話だの、腰が痛いだの、自分の興味関心があることだけ、言いたい放題言っている。

話の展開にも何ら脈絡はなく、例えば上記の会話で「そう言えば」と言っているが、孫と腰痛に共通点は一つもない。

 

何でも共感される

何を言っても、「分かる」「そうだねぇ」と返してくれる。

その話題に全く興味がなくてテキトーに言ってるだけかもしれないが、これぞ井戸端会議の様式美である。

 

ここまで読んで、「何とムダな…」と思った読者の方もいるかもしれないが、それは認識が甘い!

 

例えば、オレが雑談するとき、もっぱら自慢したいだけのことが多い。

 

「ブログの読者が増えちゃって増えちゃって!

 今度、名古屋行くからついでにオフ会するって書いたら、10人も集まっちゃって!」

 

とか話すのだが、ここで、

 

「ブログって毎日書いてるの?

 めんどくさそう。」

 

などと言われようものなら、そいつとは縁を切ることを考える。

 

という感じで、自分が気持ちいい会話ができる相手を絞り込んだ結果、どうなったか?

 限りなく、井戸端会議に近づいているのだ!

 

先日、10年来の男友達と会ったのだが、

 

「投資で200万儲かったよ!」

 

「すごいね、どうやったの?」

 

「……(←よく分からなかったので覚えてない)

 そういえば、〇〇ちゃんは試合どうだった?」

 

「勝ちましたよ!ようやく!」

 

「おー、すごいね!」

 

…と、エンドレスに自慢話を交互にするだけだった。

 

仕事だの、真面目な話はともかく、普段の雑談に別に意味などないし、解決策も求めていない。

言いたいこと言って、共感されればそれでいい。

 

そう言った意味で、井戸端会議は雑談の最高峰である。

 

プライベートな人間関係にお悩みの方、意識してみてはどうだろうか?

 

 

★★★

 

月15冊は本を読むオレ様のオススメ本

 

noteにて販売中:バカバカしい目標を立てて朝晩唱えると、目標が達成されると言い張る、あやしすぎる記事

 

オレ様ってだれよ?

 

★★★

 

【オレを応援したい方へ】

 

下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%がオレのポイントになるので、何か買うついでにぜひ!

 

Amazonで買い物する

 

儲かった分の一部は、ブログを書くときに参考にする本代や、地方オレ会の旅行費にもする予定。  

よろしく!!!