オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



「夫婦の3組に1組は離婚」なんてウソ言う奴の本音を分析してみた

「3組に1組は離婚するのに、結婚してもうんぬん…」みたいな記事を目にした。

 

これ事実として、明確に間違いである。

ちょっとググればいくらでも出てくるが、一応解説しておこう。

 

3組に1組ってのは、1年の間に結婚したカップルの数と、離婚した夫婦の数を比較している。

つまり、1年で300組結婚したとすると、離婚が100組いれば「3組に1組離婚する」って話になる。

 

よく考えると、おかしい。

 

仮に、結婚適齢期のカップルが1,000組いたとする。

そのうち1年で100組が結婚した。

 

対して、既婚夫婦は10,000組いて、うち100組が離婚すると…

 

100÷100=1、パーセントに直すと離婚率は100%。

結婚した夫婦は全員離婚することになる。

 

そんな、アホな話があるか!

というわけ。

 

しかも、現代は少子高齢化が進んでいるので、必然的に結婚するカップルの絶対数は減る。

そうなると、この計算による離婚率は、どんどん上がる。

 

ということで、「3組に1組は離婚する」は間違いなのだが、気になるのは、なぜちょっと調べれば分かることを言う奴が大勢いるか、だ。

 

特に深い意味はなく、何となく言ってる人は除くとして…

 

スポンサーリンク

 

 

悪いニュースのほうが注目される

まず考えられるのは、ネガティブなことを言ったほうが読む人が増えるため、分かっていてわざとやっている輩がいると思われる。

 

どのワイドショーでも、結婚などの幸せなニュースより、離婚だの不倫だののほうをしつこく取り上げるし、また人々の話題にもなりやすいことは、経験則的に分かってもらえると思う。

ネットでも「炎上」などと称して、バカどもに非難されまくることが、PVを稼ぐのに有効な手段だ。

 

「人の不幸は蜜の味」ってやつだろう。

あぁ、イヤだ、イヤだ…

 

聡明なる読者諸君は、決してこのような詐欺的かつ下品な騒ぎに乗せられないよう、気を付けていただきたい。

 

理由にならんだろう…

もう一つ目考えられるのは、結婚出来ない自分の正当化。

「どうせ3分の1は離婚するのに、結婚なんかしたって意味がない」と。

 

心の底から結婚したくないなら、ことさら強調する必要はない。

 

なので、そのほとんどは、

 

「モテないから結婚出来ない」

「自分はしたいけど、相手にそこまで思われていない」

 

ことなどを認めたくないってとこだろう。

 

別に人の勝手だからいいんだけど、正当化するにしてもこれ理由になってなくないか?

 

いやだって、「3組に1組は離婚」をそのまま真に受けたとしても、「3組に2組は別れてない」ってこと。

 

半分以上が上手くいってるのに、なんでわざわざ悪いほうに捉えるんだ?

別れない3分の2には絶対に入れない、明確な理由でもあるのだろうか?

 

いずれにせよ、上手くいく確率のほうが高いのに、「結婚なんかしても意味はない」というのは暴論。

 

ま、それ以前に、前提が誤りなのだが…。

 

 

ということで、「3組に1組は離婚うんぬん…」という話が出たら、信頼するに値しない、ないしは非常に偏った意見と捉え、まともに取り合わないのが賢明である。

 

 

★★★

 

月15冊は本を読むオレ様のオススメ本

 

noteにて販売中:バカバカしい目標を立てて朝晩唱えると、目標が達成されると言い張る、あやしすぎる記事

 

オレ様ってだれよ?

 

★★★

 

【オレを応援したい方へ】

 

下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%がオレのポイントになるので、何か買うついでにぜひ!

 

Amazonで買い物する

 

儲かった分の一部は、ブログを書くときに参考にする本代や、地方オレ会の旅行費にもする予定。  

よろしく!!!

 

スポンサーリンク