オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



音楽の力② 失恋したとき、悲しい歌を聴いてしまうのはなぜか?

昨日、その時々の感情と、聴く音楽がリンクしていることを書いた。

オレの場合、ほぼ怒ってたので激しい曲ばかり聴いていた、と。

 

では、なぜそうなるのか?

自分なりに分析してみた。

 

スポンサーリンク

 

 

音楽は感情を増幅させる

楽しいときに明るい曲を聴けば、より楽しくなる。

怒ってるときに激しい曲を聴けば、もっと怒りたくなる。

落ち込んでいるときに悲しい曲を聴けば、余計に落ち込む。

 

つまり、音楽には感情を増幅させる効果がある。

このことは経験的に分かってもらえると思う。

 

ところで、楽しいときに楽しくなろうとするのは分かる。

もっと楽しいほうがいいから。

 

だが、ネガティブな感情を増幅させるのって、なんか変じゃないか?

余計に怒ったり、悲しくなってどうするんだ?

 

…この一見自虐的な行動が、実は合理的なんじゃないかと思う。

 

スッキリして前に進める

分かりやすいところで、失恋したときに失恋ソングを聴いたとしよう。

 

歌と自分の状況を重ねて、色んなことを思い出して、がんばって抑えていた悲しみがあふれ出る。

人によっては、泣く。

 

別に悪いことではなく、よく言われるように「泣きたいときには泣けばいい」ってことで、泣いた後ってスッキリする。

 

行動しようって気になることもあるし、多少なり失恋を忘れるのが早くなる。

 

場合によっては、

 

「こんなに泣くほどの相手だったっけ?」

 

なんて開き直ることもあるだろう。

 

こうして考えると、結構合理的だと思わない?

 

 

ともあれ、オレは音楽の効果って、これだと思う。

 

ネガティブな感情を増幅させることで、スッキリ…要するにカタルシスが得られる。

そして、前に進める。

 

オレも怒りまくることで、多少落ち着いて、状況を打破する行動が取れた。

 

「NO MUSIC, NO LIFE」は大げさだけど、音楽を聴くことは現実的に有用なのではないかと思う。

 

 

5/14(土)夜、名古屋でオレ会(オフ会)やります!

詳細は明日の21時にアップしますので、気になる方はチェックよろしく!

 

また、下記も日にちが近づいてきたので、再度リンク貼っときます。

首から下ちょろっと出して、語ってくれればOK!

www.oresama-world.com

 

★★★

 

月15冊は本を読むオレ様のオススメ本

 

noteにて販売中:バカバカしい目標を立てて朝晩唱えると、目標が達成されると言い張る、あやしすぎる記事

 

オレ様ってだれよ?

 

★★★

 

【オレを応援したい方へ】

 

下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%がオレのポイントになるので、何か買うついでにぜひ!

 

Amazonで買い物する

 

儲かった分の一部は、ブログを書くときに参考にする本代や、地方オレ会の旅行費にもする予定。  

よろしく!!!