オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



音楽の力① その時の気分と聴きたい曲はリンクする

「失恋したとき、悲しい曲が聴きたくなる」

 

みたいな経験は、多くの人がしていると思う。

 

オレの場合、年がら年中怒っているせいか、激しい曲ばっかり聴いている。

いや、聴いていた、だな。

 

スポンサーリンク

 

 

高校時代が人生で一番辛かった。

スクールカーストの底辺というか、暗すぎて目立つぐらいだった。

 

頭の中では恨みつらみが渦巻いており、

 

「家族もクラスの奴らも全員死ね!」

 

と本気で思っていた。

 

なので、聴いていた音楽も非常に暗く、激しい。

 

例えば、黒夢の「親愛なるDEATHMASK」。

※人によっては結構ショッキングな曲と思われるので、聴かないほうがいい。

 

 

叫んだりが曲中に入ることはロックならよくあるが、ゴホゴホと咳(せき)から始まるのは、今聴いても斬新。

さらには、放送禁止用語と思われる差別的な言葉をたたみかけるように絶叫。

 

激しい通り越して、怖い。

 

この曲が収録されているアルバムのジャケットも、タイトルもすごい。

  

亡骸を…

亡骸を…

 

 

…しかし、久々に聴いても、かっこいいな。

ここまで振り切った曲はそうそうない。

 

 

それはおいといて、次の曲。

 

結婚前の婚活中、よく聴いてたのはBRAHMAN(ブラフマン)。

「露命」とかね。

 

 

激しいっちゃ激しいが、だいぶメロディーが出てきた。

この頃も怒ってはいたけど、「殺す!」から「クソッ!」ぐらいまでマシになった。

 

ちなみに、露命が入ってる「超克」は、捨て曲ゼロの超名盤。

 

超克

超克

 

 

最近は結婚したし、もうすっかり落ち着いた。

仕事は上手く手を抜く小技がいっぱいあるし、副業もちょいちょい儲かるようになってきたしで、人生楽しい。

 

よく聴いてるのは星野源の「SUN」など。

 

 

う~む、さわやかだ…。

数年前を考えると、ありえん…。

 

しかし、こうして書いてみると、実に劇的な変化である。

また、見事にその時々の気分と聴いている音楽がリンクしている。

 

ところで、なぜそうなるのだろうか?

怒っているときに激しい曲を聴いたら、余計怒りたくなるだけではないだろうか?

 

ふと疑問に思い、3冊、音楽療法に関する本を読んだのだが、求める答えはなかった。

なので、自分で考えて分析してみた。

 

その話はまた明日。

 

★★★

 

月15冊は本を読むオレ様のオススメ本

 

noteにて販売中:バカバカしい目標を立てて朝晩唱えると、目標が達成されると言い張る、あやしすぎる記事

 

オレ様ってだれよ?

 

★★★

 

【オレを応援したい方へ】

 

下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%がオレのポイントになるので、何か買うついでにぜひ!

 

Amazonで買い物する

 

儲かった分の一部は、ブログを書くときに参考にする本代や、地方オレ会の旅行費にもする予定。  

よろしく!!!

 

スポンサーリンク