オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



「そんなに怒ってはいけない!」と怒っている

ブログを書く人は大勢いるが、読者に「バカは読むな!」と言い切り、一体どこがバカなのか滔々と語るのはオレぐらいだろう。

 

そんなことをするのは大人げない、

好意的な読者が引いてしまう、

有名税のようなもので悪いことではない、

 

などと、みんな思っているから。

 

…ケッ、そんなの知ったこっちゃねー!

 

スポンサーリンク

 

 

怒らないと病気になる

心理学の本を20~30冊読んで分かってきたのだが、感情を抑えると心の病気になる。

 

疲労、怒り、悲しみなどをムシして激務をこなす、

虐待を受けているのに何も感じないように振る舞う、

 

などをしていると、うつ病になったり、突然自分でも制御できないほどキレたりする。

 

ドラマでたまに見る、催眠術で過去のトラウマを引っ張り出そうとするあれは、抑えた感情を出させるために行う。

 

抑えるより、出したほうがいいのだ。

抑えたところで抑えきれず、もっと大きな問題になるから。

 

怒ってるのはだれだ?

オレのようにしょっちゅう怒ってると、メールで説教してくる人がいる。

また、怒りの記事を書くたびに、遠回しに怒るのは良くない趣旨の記事を書くブロガーがいる。

 

言わせてもらおう。

 

「怒ってんのはお前らじゃねーの?」

 

ネットには、オレ以外にも怒っている人など大勢いる。

一人一人に関わってたらキリがない。

 

イヤなら見なけりゃいい。

うっかり見てしまったら、すぐに画面を閉じればいい。

 

なぜそれができないか?

 

ためこんだ怒りが腐っている

怒っちゃいけない、と自分はいつも我慢している。

なのに、言いたい放題怒ってる奴がいる…許せない!

 

ま、八つ当たりだな。

 

イヤなことをされたり、言われたら怒る。

それは普通。

 

だが、自分と関係ないことにまで怒るのはおかしい。

そんなことしたって、キリがないから。

 

おっさんの説教がウザいのは、しつこいから。

 

失敗をしてしまった。

それに対して怒られるのは仕方ない。

 

なのに、話はそこで終わらず、過去の失敗までネチネチとほじくり返す。

あげく、人生訓まで語り出す。

 

腐ってんだよ、怒りや悲しみなどのネガティブな感情が。

 

だから、しつこい。

関係ないことまで言わずにはいられない。

 

我慢は、めぐりめぐって周りの人にも迷惑だ。

 

環境を変えるしかない

ネガティブな感情は抑えきれない。

 

かと言って、満員電車で足踏まれるたびに、

 

「いってーな、このやろー!」

 

なんてやってたら、社会生活が営めない。

 

どうするか?

 

まずは、環境を変える。

 

イヤな奴とは付き合わない。

ネガティブな情報には触れない。

快適な生活環境を意識して作る。

…などなど。

 

それでもダメなら、問題が起こらないよう吐き出す。

言い方を考えて反論するでも、ブログに書くでもいい。

 

ネガティブな感情自体はなくせない。

ムリになくそうとするから、ストレスがたまって余計におかしくなる。

 

ネガティブがあることを認める。

その上で、そもそもネガティブにならないよう、たまらないよう意識する。

 

大人げないなどと良く言うが、大人になったら病気への一歩手前だ。

 

 

余談だが、オレは子どもに良く好かれる。

なぜか寄って来たり、話しかけられたりすることもしばしばある。

 

子どもには、オレの純粋さが分かるのだろう。

 

 

今回の記事も「普通がいいという病」の影響を受けて書いた。

全くもって良書である。

 

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)

 

 

 ★★★

 

月15冊は本を読むオレ様のオススメ本

 

noteにて販売中:バカバカしい目標を立てて朝晩唱えると、目標が達成されると言い張る、あやしすぎる記事

 

オレ様ってだれよ?

 

★★★

 

【オレを応援したい方へ】

 

下記リンクから、Amazonで買い物してもらえると、そのうちの数%がオレのポイントになるので、何か買うついでにぜひ!

 

Amazonで買い物する

 

儲かった分の一部は、ブログを書くときに参考にする本代や、地方オレ会の旅行費にもする予定。  

よろしく!!!

 

スポンサーリンク