オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



「オレ様」と名乗るきっかけになった人、三代目魚武濱田成夫さんの行動力が半端じゃない!

本文に移る前に、ボランティア(?)の募集。

 

今、婚活に関するWEBサイトをワードプレスで作っているのだが、正直面倒くさくてかなわん(笑)

 

心優しい方、無償で作ってくれたりしないだろうか?

打ち合わせ等のご飯代ぐらいは奢るので。

もちろん、サーバー代とかもこちらで負担する。

 

詳細は連絡もらってから話すけど、多少なり経験がある人ならそれほど難しいものではないと思う。

 

一度会ってからのほうがいいと思うので、土日や平日の夜、都内に来れる方がいいかな。

 

興味ある方は oresama228@gmail.com まで、分かるように書いて連絡ください。

よろしく!

 

★★★

 

「オレ様」だの「オレ様リーマン」だの、恥ずかしげもなく名乗っているが、この名称には実は由来がある。

 

オレにとってのヒーローをマネしているのだ。

そのヒーローとは、、、

 

スポンサーリンク

 

俺に捧げます

今、オレの手元に一冊の自伝がある。

 

開いてみると、、、

 

f:id:oresama140630:20150417195133j:plain

 

小さくて読みにくい人がいるかもしれないので書くと、

 

俺に捧げます

 

と、いきなり一ページ目に記されている。

 

いやもう、今見ても斬新な書き出しだ!!!

てか、超かっこいい!!!

 

これは「自由になあれ」という本で、作者が、そうオレのヒーローである、「三代目魚武濱田成夫」さんだ!

 

自由になあれ―三代目魚武 浜田成夫 (角川文庫)

自由になあれ―三代目魚武 浜田成夫 (角川文庫)

 

 

こんな口説き方あり!?

「自由になあれ」は、なんと自分で書かれた自伝である!

しかも書き出しが「俺に捧げます」だ!

 

…すごい。

オレの自画自賛っぷりなど、この人の足元にも及ばない。

 

で、この本、ただひたすら「オレはこんなことした!オレすげー!」っていう要するに自慢してるだけなのだが(笑)、一つ凄すぎるエピソードがあるので紹介しよう。

 

濱田さんが喫茶店でかわいい子を見かけて、どうやって口説いたかってことなのだが、、、

 

昨日のかわい子ちゃんのいた喫茶店に一人で向かった。

さて、どうやって口説き落とすか?

何も考えないまま店に着いた。

 

店の中に入ってまわりを見渡すと、昨日のグループがいた。

案の定、その中にその子はいた。…略…

 

その女を見ながら、さてどうやって口説くか考えてみた。

要するに、その女が知っているどの男よりもかっこよければいいわけだ。

いままでされたことのない口説き方で口説けばいい、と俺は思った。

 

…略…普通の男なら、できるだけおしゃれな格好をして、女のほうが自分に気づくように仕向けていくだろう。

…略…あの子のまわりの連中ができるだけいないときを狙うはずだ。

 

よし、俺は周りの連中がいるときを狙おう。

そして、できるだけ不自然にいこう。

まずちらちら見るのはやめて、思いっきり、あいつらが気づくぐらいいやらしい視線で見る。

それをしばらく見続けてみよう。

 

発想が一般人とは逆だ!

 

よしんば思いついたとしても、やる人はまずいない!

さすがだ!

 

そして、こっからがもっとヤバイ!!!

 

いよいよ今日口説くという日である。…略…

 

よし、行くぞ。いまから10分後には、あの女は俺のものや。

ム、フ、フ、フ、フ、フ。

そう思いながら俺は席を立って、そいつらの席のところまで行った。

 

グループの中の男が俺に気づき、ドスのきいた声で言った。

 

「なんやねん」

 

俺は大きな声で挨拶しながら、その女を指さして言った。

 

「はじめまして。

 僕、濱田成夫って言うんですけど。

 みなさんもうご存じだと思いますけど、僕あなたのこと好きになりましてん。

 それでね、こっからが大事なんですけど、よう聞いといてくださいよ。」

 

俺はさらに言った。

 

「いまからあなたの手をひっぱって、この店出ます。

 いやだったら手ふりほどいてください。

 いやじゃなかったら、僕と一緒に来てください」

 

俺はその女だけを見つめて言った。

 

その中の男が一人、それを笑った。

俺はその男に言った。

 

「お前にこれができるんか?ようせんやろ」

 

その男は黙り込んだ。

 

さらに俺はまわりの奴らを黙らせておくために、一人ずつ指さしながら言った。

 

「見ててくださいよ」

「見ててくださいよ」

「見ててくださいよ」

「見ててくださいよ」

 

そして俺は、その女の前に手を差し出した。

まわりの奴らもその女も黙ったままになった。

 

俺はその女の手を握り、その女の目を見て言った。

 

「行きますよ。

 選んでください」

 

俺は運を天にまかせて、その手をひっぱってみた。

その女は席を立って、俺についてきた。

俺はレジでコーヒー代を二人分払って店を出た。

その女は俺の手を握ったままだった。

その女はなんかしおらしくなっていた。

 

 いや~、出来ない!

これは出来ない!!

 

書き写してて、手が震えるぐらいすごい!

 

そして、最後の締めが、もうクッソヤバイ!!!

 

君が前の彼氏としたキスの回数なんて

俺が3日でぬいてやるぜ

 

ぬおー、かっけー!!!

超かっけー!!!!!

 

…ともかく、このエピソードに心打たれて、オレは俺俺言ってんだということに気づいた。

 

濱田さんは「俺」っていうアクセサリーも出してるぐらい、俺って使ってるからね。

向こうは漢字だけど。

 

濱田さんの本だと、こちらもオススメ。

 

俺は、虎とロケットと君が好きだ。 (幻冬舎文庫)
 

 

ラブ・ストーリーなのだが、そこは濱田さん、普通のはずがない!!!

なんと、自分に惚れた女を勝手に作って、その女との恋愛を描いているという…笑

 

行動力がある人がほんといない…

ここからは真面目に書くんだけど、濱田さんの本読んでて感動したのが、その行動力なんだよね。

 

だって、こんなのマネできないじゃん?

それがすっごい嬉しかった。

 

はっきり言って、オレの周りにオレより行動力がある人なんてほっとんどいない。

もう昔からずっとそう。

 

要するにビビってるだけなのに、もっともらしい理由つけて頭良さそうなフリしたり。

だれかが決めたレールに上手く乗ってるだけで、本当は大して面白くも生きてないくせに、「オレ勝ち組」みたいなどうでもいいことにプライドもって、人のこと見下して優越感にひたるぐらいしか出来なかったり。

 

なんかそういうのにウンザリしてた中で、

 

「世の中にはこんな人がいるんだ!

 オレなんかまだまだだ!」

 

と思って、笑われても、バカにされても一人でがんばってた。

 

婚活してれば分かるでしょ?

やりもしねーくせに、がんばってる人の粗探ししたり、「自分はそんなことする必要ない」って優越感に浸るようなバカがいかに多いか…。

 

婚活に関してだけでも、みんなにとってオレが、オレにとっての濱田さんみたいになってりゃ嬉しい。

 

ということで、今日は以上。

 

★★★

 

婚活の最終兵器か?オレ様ステッカー販売中!

 

婚活ですれ違ってしまった人、「777円」で探します! 

 

オレ様プロフィール 

 

 

スポンサーリンク