オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ ※ファンメール、お仕事のご依頼等は https://ws.formzu.net/dist/S65549655/ までどうぞ。

スポンサーリンク



デートで行く店の選び方、さらには心構えまで、超具体的に教えよう

今日は珍しく、男向けの恋愛の記事を書く。

テーマは、デートの際の店選びについて。

 

婚活ブログにも質問が寄せられ、またオレ自身も一時期悩んだことだ。

そして、デートと言えば「まずはお食事でも…」、さらに店を決めるのは男、の世界。

知りたい人は多いのではなかろうか?

 

だが、いきなり言っちゃうが、、、

 

スポンサーリンク

 

 

全女性にウケる店など、ない

当たり前っちゃ当たり前のことだ。

 

仮にすごい美味しくてオシャレな店を選んでも、「敷居が高い…」「なんか住む世界が違う気がする…」などと引いてしまう女性はいる。

もちろん、喜ぶ女性もいる。

 

逆に、大衆居酒屋のようなところが好きな女性も、「いやいや、そんな店ありえないでしょう?」という女性もいる。

 

しかもオレの経験上、「こういう女性はこんな店が好き」などというグループ分けはほぼムリ。

同じ美女でも、一人1万円以上しそうな店が好きな美女もいれば、おっさんが飲みそうなきったない居酒屋が好きな美女もいる。

なので、個別に判断するしかない。

 

まずは、このことを頭においといてくれ。

 

どういう女性に好かれたいか?

次に考えるべきは、どんな女性に好かれたいか?ということだ。

逆に言えば、どんな女性には嫌われてもかまわないか?を決める作業でもある。

 

例えば、あなたが節約家の男ならば、同じようにお金を大事にする女性のほうが良いだろう。

なのに、「ちょっとかわいいから」って見栄を張って、高い店に連れてっちゃったらダメだ。

 

それで上手く行っても、そもそもの価値観が違うのだから、いずれは破局する。

破局せずにうっかり結婚しちゃったら、そのほうが不幸になりかねない。

 

だから、かわいかろうがなんだろうが、「こういう女性にだけ好かれればいいのだ!」という覚悟を持って、身の丈にあった店を選ばなければならない。

 

まぁ当たり前っちゃ当たり前のことだが、こと恋愛となると、なぜか出来なくなってしまうものだ。

営業マンが絶対上司にOKが出ないほど値引きして、注文を取ってきてしまうように…。

 

ちなみに、「何でもいいからヤレればいい」みたいな発想だと話は別だが、そういう輩はこのブログを読んでないだろう、ってことでムシする。

 

具体的にオレはどうしていたか?

ということで、店選びなんか自分で行きたいところにしてしまえばいい!って話だ。

 

あなたが金持ちで高級店が好きで、そういうのに共感してくれる女性がいいなら、それで良い。

 

逆に、安けりゃ何でもいいならそれでいい…わけないよね。

 

物事には限度ってもんがある。

さすがにいきなり290円均一の居酒屋とか、ファミレスでは、引く女性が多すぎるだろう。

 

なので、参考までにオレがどうしてたか?を書こう。

結論から言う。

 

  1. 女性の住んでる場所を聞き、自分の家との間ぐらいに場所を設定する
  2. 食べログで雰囲気順に並び替える
  3. 平均予算一人4,000~5,000円ぐらいの店から適当に選ぶ

 

おいおい!そんな適当なのか!?

…と思われそうだが、その通り、適当だ。

 

ともあれ、説明しよう。

 

場所は二人の中間。

これは二人とも行きやすいから、ってだけの話。

 

食べログを雰囲気順に並び替えるのは、経験上、多少マズくても雰囲気が良ければ何とかなる、から。

あと、食べログのデフォルトの順番だと、すっげー渋い店が上位になっちゃったりするしね。

 

なぜか分からないが、女性の味覚には「店の雰囲気」が含まれているように思う。

「店は汚いけど美味しい!」なんて言う女性はあまり聞いたことがない。

 

4,000~5,000円なのは、あんまり安い店で、隣で大学生が騒いだりしてたら困るし、写真は良かったけど実際行ったら汚かったとかだと困るので。

4,000円以上ぐらいだと、まぁ普通はそんなにヤバイことはない。

 

もう一つ言うと、カウンターがある店のほうがいいかな。

別に横並びに座ってイヤらしいことをしようってわけじゃなくて、混んでる店でテーブルだと、周りがうるさくて声が聞こえなかったりするからね。

 

あとは、それまでの女性とのやり取りも考慮する。

「辛いものが苦手」って言ってる人を韓国料理の店には連れて行かんでしょ?

そういう話。

 

出来るだけ同じ町へ行こう

ちなみに、オレの場合は「自分が詳しいから」という理由で、やたらと新宿ばっかり行っていた。

 

何度も行ってると、「このあとお茶でも…」とか、「カラオケ行こう!」とかになったときにすぐに対応できる。

なので、出来るだけ同じ町に行くのがオススメ。

 

何度か行ったのは「茶茶花」って店だね。

雰囲気だけはオシャレ、味は普通かそれ以下、値段は安い。

 

…なんかオレがセコく見られそうなので、これ以上はやめとこう。

それに、毎回ホント適当に選んでたから、そんなに店も詳しくないし。

 

 

ということで、男性のみなさん、がんばってくれ!

この記事が好評だったら、今後も不定期に男性向けの記事も書いていこうと思う。

 

プロフィール記事作ったぜ!

オレ様ってだれ?って思った人はこちらをどうぞ 

 

スポンサーリンク