オレ様の世界 シーズン2

常識的な非常識 /マイノリティなマジョリティ / 本音のキレイごと / ラブ・アンド・ディトラクション / ようこそ、オレ様の世界へ

 

人生

女性にも性欲はあるっぽいが、実態が謎

少し前にやってたあるテレビ番組で、南海キャンディーズの山ちゃんが興味深い話をしていた。 イケメン芸能人の飲み会に行ったときのこと。 露出の激しい女性が、代わる代わるイケメンの元に酒を注ぎに行くのだろう。 何でそんなことをしてたかって、会場の奥…

どうせ誰もやってくれない。人生なんてそんなもんだから、さっさと自分でやろう。

ブログを通じて、いくつかの仕事をお願いしてきた。 ざっと書き出してみよう。 ・出版社に本を出してくれるよう頼んだ ・仕事のコラムを書かせてくれるよう頼んだ ・オンラインサロンの開設を頼んだ 結果は、全部クソ。笑 ムシが一番マシだった 仕事のコラム…

人を理解しようなんて思わないほうがいい

オレが愛してやまない森博嗣先生の推理小説には、ある特徴がある。 関連記事:頭が良い人には、ぜひ森博嗣先生の小説を読んでほしい 殺人を犯した犯人の動機があまり語られないことだ。 よくある推理小説だと、犯人が殺人を犯さざるを得なかったそれなりの理…

自称「負け組」とは関わってはいけない

久しぶりにオレのブログへの批判の連絡があった。 ムカついてすぐに削除したのだが、内容は以下のような感じ。 ・連絡してきたのは独身子なしの50代、自称「負け組」女性。 ・いわく、結婚して子どもがいるから幸せなわけではない。独身でも子どもがいなくて…

女性は常に、クズな男どもからの危険にさらされている

奥さんとデパートに出かけたときのこと。 エレベーターに乗ったのだが、昼時だったせいか、非常に混んでいた。 降りると奥さんが怪訝な顔をしている。 聞くと、後ろに立っていた男に舌打ちされながら足を蹴られた、と。 混んでたから「邪魔だ、どけっ!」っ…

「お金は使うと入ってくる」の真実は?論理的に説明しよう

「お金は使うと入ってくる」って聞いたことない? ビジネス書とか、スピリチュアルな本によく書いてあるし、金持ちが言うこともある。 なので、オレは結構見聞きするセリフだ。 ではなぜ、「お金は使うと入ってくる」のだろうか? 本には「お金は流れだから…

悩みは真っ先に解決せよ!メモリの消費量が半端じゃないから!

昨日書いたGoogle Adsenseが使えなくなりそう問題には悩んだ。 関連記事:人を信じるとはこういうことか…キレそうになるのを我慢した結果 - オレ様の世界 シーズン2 オレの副業収入の大半がGoogle Adsenseに依存しているため、それがなくなると給料だけで生…

人を信じるとはこういうことか…キレそうになるのを我慢した結果

二週間前、オレはピンチだった。 Google Adsenseという、このブログにも「スポンサーリンク」と書いて貼ってある広告が、貼れなくなりそうな事態に陥っていたのだ。 理由はGoogle Adsenseの規約の改定。 改定に同意しないと、Adsenseが使用できなくなるのだ…

「好きなことを仕事になんてできない」ともっともらしく語る奴がマジでムカつく

帰りの電車内でのこと。 ある会社の先輩と後輩らしき男性2人組が近くにいた。 先輩が後輩に語っていた。 「仕事っていうのは、どうしたって努力や我慢が必要なんだ。 儲けるには、人がやりたくないことや面倒なことをするしかないからだ。」 とかなんとか。 …

すぐに幸せになる方法。行動する前に自分に言い聞かせて感情を整える

昨日も触れた「神との対話」に、こんなことも書かれている。 「行動する前に、まずあり方を決める」と。 神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫) 作者: ニール・ドナルドウォルシュ,Neale Donald Walsch,吉田利子 出版社/メーカー: サンマー…

"不安と罪悪感は人類の敵"という「神との対話」の名言が役に立ちすぎる!

もう何度となく紹介している、オレにとっての超名著である「神との対話」に、 「不安と罪悪感は人類の敵」 …みたいなことが書かれていた。 神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫) 作者: ニール・ドナルドウォルシュ,Neale Donald Walsch,吉…

「好き」とか「愛してる」とか言ったほうがいい

子どものお風呂は、ほとんど毎日入れてる。 でね、お風呂に入れてるときに子どもに話しかけるわけよ。 まぁ子どもはまだ話せないから、一方的にオレがしゃべってんだけど。 「かわいいなぁ、君はなんてかわいいんだ。」 「だれに似たんだろう?パパかなぁ?…

焦らない方法5選。オレが実際にやってること

焦っても、いいことがない。 うっかりミスをしたり、情報不足で失敗したりしてしまう。 わかっていても、本能なのかなんなのか、焦ってしまう。 ではいかにして、焦らないようにするか? オレが実践している方法を5つ書いておこう。 スポンサーリンク // 「…

焦るときほど、焦ってはいけない

「焦ってはいけない」って、まぁ一般的に言われてることだよね。 なんであれ、焦ると失敗しやすい。 肝心なことを忘れたり、うっかり間違えたりする。 だから、焦ってはいけない。 ただ、世間的には「焦る」とは違うとされてても、「それってつまり、焦って…

目標を達成するには、目標を絞らなければならない

アラサーリーマンの「俺様婚活ブログ」をやめて、このブログを始めて早3年半が経過しようとしている。 上がり下がりはあったが、まぁ長い目で見れば右肩上がりであり、月のアクセス数は10倍ぐらいになった。 …だがしかし! スポンサーリンク // 婚活ブログの…

計画性を身につけるには、計画性を持たずに動き回るしかなかった

オレは実は計画性がない。 「色々やってりゃ、そのうち当たるだろう」と思い、あまり考えずに、思いついたことを手当たり次第にやっている。 最近、「それもよくないなぁ」と思い始めていて…。 スポンサーリンク // 色々やっても当たらない 副業はもうホント…

「失敗は成功のもと」である実例を話そう

「失敗は成功のもと」ということわざがある。 オレの経験上、事実だ。 正確に言えば、失敗すれば次はもっと良い手が見つかる。 それを繰り返せば、いつかは成功する。 実例を話そう。 スポンサーリンク // 転職 数年前、転職活動していたときのこと。 転職サ…

悲観的な人は正しい。何をやっても大体失敗する。だがしかし、

「悲観的な人は正しい」という趣旨の文章を読んだ。 どういう意味か、説明する。 例えば、何か新しいことをするとしよう。 楽観的な人は、何の根拠もなく「まぁ何とかなるさ!」と思ってやって、失敗する。 悲観的な人は「〇〇がダメだから、きっと上手くい…

性格を変える、シンプルな方法

性格を変える方法とは? 考える前にやってしまうことである。 理想とする性格ならやるであろうことをね。 具体的に話そう。 スポンサーリンク // ナンパの話 オレは元々、非常に内気な性格だ。 高校生の頃まで、同性の友達に話しかけるのにも躊躇するぐらい…

ケチな人が人生損している理由を、超ケチだったオレが語ろう

「ケチだと人生損をする。」 と、かつて超ケチで、最近は普通にお金を使うようになってよく思う。 ケチのみなさん、ケチは直したほうがいいよ? 理由を説明しよう。 スポンサーリンク // オレがケチだった時代 5年ぐらい前までオレはものすごくケチだった。 …

関わらない方がいい人を見わけるための質問を考えてみた

オレは人の好き嫌いが激しい。 というか、嫌いな人が多い。 ささいなことでも怒る性格だからだ。 悪気がない一言でも、それどころか良い意味で言われたことであっても、オレが気に入らなければ怒る。 しかも、かなり長く尾を引く。 なので、合わない人とは最…

小さいことを気にする性格は変わらない!気にする原因を徹底的に排除するしかない!

昔、「小さいことにくよくよするな!」という本が流行った。 小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと (サンマーク文庫) 作者: リチャードカールソン,Richard Carlson,小沢瑞穂 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2000/06/01 メデ…

親とはやはり価値観が合わない。さっさと家を出て結婚してよかった

子どもが生まれてから、親がウチに来ることが増えた。 孫はかわいいんだろうね。 ついこの前も来て話してたんだけど、「価値観が全く合わない」と痛感したことがあって… スポンサーリンク // できるわけない? 「仕事はどう?」って聞かれたから、 「出世し…

本の効果的な読み方。書いてある通りに実践するためには?

本を読んで「おっ、これは役立つ!早速やってみよう!」と思うことってない? そしてその感動もつかの間、いつの間にか元通りになってしまっていることも… 残念ながらよくあることじゃない? ということで、今日は本を読んで書いてある通りに実践するための…

気が合わない人の簡単な見分け方

最近、仕事の関係で、社外の人と働くことが増えた。 元々あったんだけど、さらに増えたというかね。 そのせいで、どうにも調子が良くない。 肩が凝ったり、背中が痛くなったりしてさぁ…。 スポンサーリンク // 合わない人と接すると体に出る このブログでも…

愛想がいいと得だよね?あるコンビニ店員の変化から考えてみた

近所のコンビニに佐藤というバイトがいる。 佐藤って実は本名なんだけど、佐藤さんはいっぱいいるからいいよね。笑 たぶん30歳ぐらいで、ちょっと小太りでメガネかけてて、言うなれば見た感じはオタクっぽい。 で、その佐藤が最初すっごい感じ悪かった! 「…

気にしない方法5つ。とうとう何にも気にしなくなったオレが考えてみた

昨日書いたように、「自信なんて必要ない、何にも気にしなければいい」と思ってる。 そうしたら本当にそうなってるんだよね、最近。 人の目とか、失敗したら…とか気にしない。 周りからどう思われようが知ったことじゃないし、ダメだったらやり方変えてまた…

自信なんて必要ない。何にも気にしなければいい。

何であれ、自信を持つことが大事だとか、自信がないからできないだとか、よく聞く。 それだけ自信のありなしが重要だと思われているのだろう。 でもオレは最近、自信ってどうなのかなぁ…と思っている。 平たく言えば、自信なんていらないんじゃないかってね…

行動する人が成功するという話を、自分の変化から考えてみた

「恥の多い生涯を送って来ました。」 という一文から始まる有名な小説があるが、全くもってオレの人生もそう。 恥だらけだ。 行動しては失敗して恥をかき、泣いて怒って恥の上塗りをし、時が過ぎるとまた繰り返す。 なのに、最近はそれでよかったと思い始め…

本当のプライドは、どうでもいいプライドを捨てることである

プライドというと、悪い意味ではかっこばっかりつけて中身が伴わない。 いい意味だと自分を曲げない、ウソを言わない、何かに誇りを持っている、イヤなことでも努力できる。 というように、使われている。 だがオレにとってのプライドは、そのどちらでもない…